プログラミング初心者の Perl 入門日記

Perl超初心者の勉強記録です。失敗もすべて公開中!

MyISAM型について


★ Facebook に入りたての頃は「この人友達じゃない?」に表示される人達って
実際に友達だったり知り合いだったりしました。でも今は……(^_^;)



ファイル構造の続きになります。

今まではテーブルも意識せずに適当に作成してたけど、
ストレージエンジンによって、テーブルに関する情報の
保管の仕方が違うみたいですね。

ストレージエンジンには MyISAM型と InnoDB型
っていうのがあるみたいです。

InnoDB型の方はどっかで見たことあるな~と思ったら、
今まで練習で作成してきたテーブル一覧表の、
種別ってとこを見ると全部 InnoDB になってます。

指定した覚えはないから、デフォルトで InnoDB型になる
ってことなんでしょうか……?

とりあえず今回は MyISAM型を見ていきます。

まずはテーブルを作成してみます↓

CREATE TABLE menu(main TEXT) engine=MyISAM;

テーブルの一覧で確認してみると、
種別が MyISAM になってます♪

次にファイルの確認です。

前回と同じように xampp → mysql → data → members
と開いていきます。

menu.frm、menu.MYD、menu.MYI という新しいファイルが
3つできていました。

ちなみに今まで作った他のテーブルに関しては
それぞれ1つずつのファイルしかありません。
test1.frm、test2.frm ……という感じ。

で、3つのファイルに戻りますが、

menu.frm はテーブル定義、
menu.MYD はテーブルデータ、
menu.MYI はインデックス

をそれぞれ保存するためのものなんですって。

1つテーブルを作成するごとに3つのファイルが作られるんですね。

まだストレージエンジンの種類の違いとかも分かんないけど、
とりあえずはこんな感じですかね……(^_^;)


<お知らせ>----------------------------------------------------------------------------------------

fullset.jpg


【フルセット】プログラマー学校

----------------------------------------------------------------------------------------<お知らせ>



こちらのページを参考にさせていただきました↓
MyISAM型テーブル用のファイル - MySQLのファイル構造 - MySQLの使い方
ありがとうございました<(_ _)>



関連記事
  1. 2012/08/26(日) 15:42:12|
  2. データベース
  3. | コメント:0
<<InnoDB型について | ホーム | MySQL のファイル構造をちょっと見てみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する